得たモノ

【車のDIY】エーモン 内張りはがし No.4935 パネルはがし No.1498 でETC取り外し

どうもクニ(@hobo923)です。

GW中にしれっと車の買い替えの手続きをしてきました。

色々メーカーオプションとかで新しいETCをセットアップした方が総合的なコスパは良い気がしますが、一度自分で付け替えにチャレンジしてみたいと思いチャレンジしてみます。

車のDIYに関して知識も経験値もゼロですが、今後新車のDIYもしていく予定なので旧車で予行練習も兼ねてます。

因みに旧車は下取り査定¥0だったのでディーラーからは旧車部品のパーツは引き渡しまでに色々取ってもらって大丈夫とのことでした。

ネットでETC取り外しの方法を調べると思ったより簡単で、ETC本体に繋がる配線に沿って車内内装のパネル類を取り外していけばOK。

車DIY初心者には程よい難易度です。

内装パネルなどを取り外すにはマイナスドライバーでもできるようですが、専用の工具があると簡単で作業スピードも時短できそうなので早速Amazonで注文。

エーモン 内張りはがし ポリプロピレン製ソフトタイプ

金属製のものありましたが、車内に傷をつけてしまいそうなのでソフトタイプにしてみました。

内張りはがし1本では不安だったので、サイズが小さく薄いパネルはがしも併せて購入しました。

エーモン パネルはがし 黄色樹脂製・2本組 全長約150mm・幅約15mm 厚さ5mm 1498

説明書どおり2本のパネルでテコの原理を使いながらパネルを外していきました。

電源はだいた運転席の下あたりにありますので、ハンドル下のパネルとETC受信部の配線が通っている運転席側のフロントガラスサイドのパネルを外せばOKでした。

作業開始から1時間ほどでETCの取り外しができましたので、新車への付け替えもチャレンジしていきたいと思います。

-得たモノ

© 2021 クニログ